【栄養士監修】腸内環境を整えるヨーグルトサラダ

2017年12月13日更新

年の瀬も近づき寒さも一段と厳しくなってきました。

冬は夏に比べて水分摂取量が減るため、便秘になりやすい時期だそうです。
その他にも体が冷えることによって代謝が落ちたり血行が悪くなったりすることも原因の一つと考えられます。
心当りがある方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな方におすすめの便秘改善をお手伝いするレシピを紹介します。

さつま芋とりんごとお豆のヨーグルトサラダ

材料

さつまいも 小2本
リンゴ 1/2個
大豆の水煮缶 1缶
レーズン お好み
★ヨーグルト 100~200g
★オリーブオイル 小さじ1杯
★レモン汁 小さじ1杯
★マヨネーズ 大さじ1杯
塩 少々

作り方(所要時間:約10分)

①さつまいもをサイコロ状に切る。

②沸騰したお湯にサツマイモを入れて火が通るまで茹でる。
塩を入れるとキレイな色に茹で上がりますよ!

③大豆をさっと茹でる。
茹でなくても食べれますが、茹でるとふっくら柔らかくなっておいしい仕上がりに!

④りんごをサイコロ状に切って軽く塩水に漬ける。
塩水に少しつけておくだけで変色しにくくなります。

⑤★をボウルに入れよくかき混ぜる。

⑥★を混ぜて作ったソースにさつまいも、大豆、りんご、レーズンを加えて和える。
レーズンが苦手な方はドライフルーツやナッツなどお好みで加えてもおいしいです!

ヨーグルトの酸味とマヨネーズのコクがたまらなくなるサラダですよ♪

便秘を解消するには?

便秘ってどんな状態?

便秘とは、腸の働きが滞ったり、便意が低下して便が硬くなり排便の回数が減ってしまう状態のこと。

便秘解消には、

・適切な量の食事を摂る
・水分をたくさん摂る

といった生活習慣を見直すことが近道です。

腸内環境を整えると口臭や体臭が改善されたり、肌荒れや吹き出物が出来にくくなったりと嬉しいことばかりなんですよ。

毎日の食事で便秘を解消しよう

今回メインとして使用した「さつまいも」「りんご」「ヨーグルト」には食物繊維が多く含まれています。
食物繊維には便のカサを増やす力がある上、乳酸菌のエサになるので腸内環境を整えるにはもってこいの栄養です。

更にさつまいもにはビタミンCとビタミンEも豊富で美肌にも効果的♪
肌のコンディションが気になる冬にこそ食べたい食材です!

その他にもビフィズス菌や乳酸菌といった整腸作用のある成分が入った乳酸飲料もおすすめ。
キムチなど発酵製品にも乳酸菌が含まれているので副菜としていつもの食事に一品足してみてはいかがですか。

レシピ考案・監修

東京・新宿で栄養士の資格を生かしながら小料理屋を営む長さんに監修していただきました!
小料理屋 with Bar 杏では、ホッと落ち着くような懐かしい料理を提供してくれます。
日替わりで幅広い料理が楽しめるのも嬉しいポイント。
23時からはバーとして営業しています。ぜひ足を運んでみてください!

自分にピッタリの整体院・整骨院を見つけてみよう!

『肩コリが酷くて辛い…』『腰が痛くて思うように動けない…』
普段の生活の中で、みなさんはこんな事ありませんか?

EPARKからだリフレでは、みなさんのお近くの整体院・整骨院をご紹介しています。
整骨 整体 鍼灸