【美容鍼】期待できる効果は?良いお店の見つけ方も教えます!

2018年02月28日更新

年齢を重ねるごとに気になってくる肌の衰え。どんなにメイクをがんばっても、肌そのものにハリやツヤがなければ若々しい美しさを手に入れることはできません。

そこで注目されているのは、顔に鍼(はり)を刺す美容法「美容鍼」です。

肌表面からではなく、組織や細胞に働きかけて肌本来の機能を回復する美容鍼はハリウッドセレブ達を虜にしました。その理由を探っていきましょう。

美容鍼とは?

皮膚に鍼を刺す鍼治療は、体のツボを刺激することで人が本来備えている自然治癒力や免疫力を高める治療法です。東洋医学のひとつで、中国では2000年以上前から行われてきました。その鍼治療のうち、美容を目的としたものを「美容鍼」と呼んでいます。

美容鍼といっても、通常の鍼治療と大きく異なるわけではありません。顔に鍼を刺す治療はもともと顔面神経麻痺や眼精疲労などの治療として行われてきました。顔のツボに鍼を刺すと代謝や血行がよくなるので美容の効果も得られることから、美容目的である「美容鍼」が注目されるようになったというわけです。

皮膚に鍼を刺すと、肌細胞は組織が破壊されたと判断します。すると、壊された組織を修復しようと自然治癒力を発揮していくのです。そうして新陳代謝が活発化してコラーゲンをはじめとした美肌に欠かせない成分が分泌され、血のめぐりもよくなるという仕組みです。

化粧品や美顔器具などでは肌表面からしかアプローチできませんが、美容鍼はこのように肌の内側から導くことができるというのが多くの女性の心をつかんでいる理由といえるでしょう。ただし、美容鍼の効果に関する科学的根拠は乏しいのが現状です。

鍼見本

話題の美容鍼を試したいと思っているものの、「顔に鍼を刺す」ことに躊躇している女性も少なくないでしょう。鍼といっても鍼治療に使用するのは直径わずか0.14~0.34mmほどの細さのものです。しかも、先端は特に細く丸みを帯びているので、約0.7~0.9mmの太さの注射針を刺すような痛みは感じないでしょう。

美容鍼シュミレーション

ここで、美容鍼の施術がどのような流れで行われるのかシミュレーションをご紹介します。施術のやり方や順序などは治療院によって異なるので、詳細は施術を検討している施設に問い合わせてください。

32歳横浜在住の一児のママであるEさん、instagramでフォローしている人が針山状態になった顔を映して「美容鍼にいってきました♪」という投稿をしているのを見て、美容鍼に興味を抱きました。どうもまだEさんが住んでいる地域では、なかなか美容鍼を専門的にしているお店がない模様・・・。ちょうどEさんも都内の代官山で用事があったため、いつもは家族や友人と過ごす休日を「メンテナンスの日」として精力的に動くことに決めました。

とはいえ、いざ美容鍼に行こうとしてもどんなお店がいいのか、そもそもどんな施術が自分に適しているのかわかりません。家事や仕事の合間にスマホ片手に「美容鍼 代官山」で調べて、ようやく用事の場所との都合が良いところで見つけることができました。ここから、Eさんの美容鍼初体験が始まります!

午後2時に予約を入れていたEさん、いつも子供連れで行動するため、うっかり予定より30分早くついてしまいましたが、周りには気になるショップがあるため退屈せず10分前にお店に到着。プライベートサロンのような落ち着いた店内に、Eさんも好印象を抱きます。

1)肌チェックとカウンセリング

施術もカウンセリングも女性の先生がしてくれるようで、物腰柔らかな先生の雰囲気にEさんも安心。まず、鍼がどんなものを使うのか、顔のツボをどう刺激してどんな効果が期待できるのか、そういった説明を丁寧にしてくれます。

肌の状態や悩みを確認しながらカウンセリングします。問診では全身の状態や治療中の病気、既往歴、これまでに受けた治療なども聞かれます。Eさんは「出産後ちょっとしたことで顔も脚もむくみがち」という悩みを打ち明けました。

ここで先生がしっかり状態を確認して、施術に入っていきます。

2) 漢方フェイスパック
漢方ローションでフェイスパックをし、顔の血流を促進します。顔のツボを刺激したときに起こりやすいのぼせや内出血を予防する目的があります。

3) 鍼治療
のぼせを防ぐために全身への鍼治療を行ってから、顔に鍼を刺していきます。問診で確認した不調を和らげるためにも、体への治療は重要なのです。

鍼2

4)フェイシャルマッサージ
スクワランオイルなどを使って顔をマッサージします。手でしっかりとリフトアップしたら翡翠ローラーでクールダウンし、化粧水で保湿します。肌がもちもちとして、Eさんの悩みであるむくみも緩和されたような感覚で、気分もすっきり!

5) 施術後チェック
施術の効果を確認します。肌チェックの際に撮影した写真と施術後に撮影した写真を見比べると、頬のラインが明らかに違うのが分かります。

「こんなに分かりやすい変化が?!」驚きを隠せません。

6) アフターカウンセリング
メンテナンスとして必要となる治療期間や施術を受けるペースについての話を聞きます。また、効果を維持するために欠かせない食事や生活習慣を含むホームケアについての説明を受けて、終了です。

Eさんはこの2日後に友人の結婚式があったので良いメンテナンスになったと大喜び。結婚式で久しぶりに会う友人たちにも「痩せた?!」と言われるほどの仕上がりでした。先生も人当りの良い女性の先生、効果も分かりやすく出る!Eさんは「半年に1回くらい、大きなイベントごとの前に行こうかな」と心にきめたのでした。

この後に実際「良い美容鍼のお店を見分ける方法」についてもお話ししていますので、参考にしてみて下さいね。

顔のツボを刺激するとどんな効果が期待できる?

顔ツボ

顔には数多くのツボがあります。ツボを刺激すると細胞や組織の活性化や血流の促進、老廃物の排出などさまざまな効果が得られるとされていますが、ここではリフトアップに欠かせない代表的なツボを3つご紹介しましょう。

~天容(てんよう)~
耳の下あたりにある下あごの骨の角から首側に位置するツボです。このツボを刺激すると血流がよくなるので、むくみがとれてフェイスラインがすっきりし、肌の色も明るくなる効果が期待できます。

~巨髎(こりょう)~
黒目から真下、頬骨の下にあるツボです。胃腸や脾臓(ひぞう)の機能を活性化させるので肌に栄養が十分に行き渡り、くすみやたるみが改善するとされています。また、鼻づまりなどの顔周りの不快感もすっきりさせる効果が期待できます。

~率谷(そっこく)~
耳の付け根の上部分から指2本分ほど上にあるツボで、顔全体のたるみを解消するといわれています。眼精疲労やむくみにも効果が期待できます。

美容鍼とエステや美容クリニックの違いについて

美容鍼は国家資格を取得した鍼灸師が行える施術です。解剖学や生物学などを学んで専門的な知識と技術を習得した鍼灸師しか行えません。ですから、鍼灸師のいないエステサロンで美容鍼の施術はできないのです。体に鍼を刺すのは、医師か鍼灸師にしか認められていません。

ストップ!

残念ながら、資格がないにもかかわらず美容鍼を施術できるとうたっているエステサロンもあるようです。特に「刺さない美容鍼」という施術を売りにしているエステサロンには注意してください。たしかに、先が丸くなっている鍼を使った「刺さない美容鍼」もありますが、鍼治療は国家資格のある医師や鍼灸師から受けてこそ効果が期待できるものです。美容鍼を受ける際には、鍼灸師免許の有無を確認しましょう。

また、美容鍼と似たもので美容医療があります。美容鍼は自然治癒力を高めていく治療法ですが、美容形成外科や美容皮膚科などで受けられる美容医療では外科的な治療を行う西洋医学的なアプローチをするのが特徴です。手術以外にも、ボトックス注射やヒアルロン酸注射といった薬を使用することもあります。

このような外科的な処置を受けるのに抵抗がある女性に支持されているのが美容鍼といえるでしょう。

美容鍼が必要な人の3つのポイント

それでは、どのような悩みをもつ人に美容鍼がふさわしいのでしょうか?
主に次のような悩みを改善したいと考えている女性に美容鍼が適しているといえます。特に、「化粧品やエステなどいろいろと試してみたけれど思ったような効果が得られなかった」という女性が頼ることが多い傾向にあります。

小顔目指す!

<小顔になりたい>
顔のツボを刺激すると筋肉が引き締まり、たるみが解消されるといわれています。また、顔にたまっている老廃物が排出されやすくなるでしょう。リフトアップされて立体感のある小顔を目指す人に適しているといえます。

<目をパッチリさせたい>
顔には、たくさんの筋肉が集まっています。鍼でそれらの筋肉に働きかけることで、皮膚を全体的に引き上げることができるといいます。下がっていたまぶたがすっきりとすると黒目が大きく見えるので、パッチリ目を手に入れられるでしょう。

<肌にツヤがほしい>
顔に鍼を刺すと皮膚の新陳代謝が活発になり、血のめぐりが促進されます。肌に必要な栄養が十分に行き渡り、肌の再生力が高まるでしょう。肌のくすみも改善して、トーンが明るくなる効果も期待できます。

美容鍼をするタイミングと効果が持続する時間の目安

とはいえ、美容鍼を受けたからといってすぐに目に見えるような効果が得られるとは限りません。効果のあらわれ方や感じ方は人それぞれです。施術を受けた翌日には化粧ノリがよくなったと感じるかもしれませんが、たるみや小顔効果を実感するまでには何度か施術を受ける必要があるでしょう。

美容鍼で肌のコンディションをベストな状態に保つには、定期的に施術を受けるようおすすめします。継続して施術を受けていくと、美肌づくりに不可欠なコラーゲンやエラスチンといった成分が生成されやすくなります。一般的には、1週間~2週間に1回のペースで10回ほど治療を続けるのがよいとされています。肌状態のいい人(血行・保水力のいい人)でも維持のために2~3週間に一度のペースで施術を受けるとよいでしょう。

結婚式

また、特別なイベントに合わせて治療を受けるよう計画を立てるのもひとつの方法です。治療のブランクが空いてしまっても週1回ペースでの集中治療を受けることも可能なので、施術者に治療を受けるタイミングや治療プランを相談してみましょう。

美容鍼をする上でのリスクとデメリットをあえて教えます!

美容鍼を検討している人は、リスクやデメリットも理解しておきましょう。どのような治療にもリスクはつきものですから、こうした欠点に目を向けることも大切です。

<効果を感じられない体質もある>
美容鍼は基本的にどのような体質の人でも受けることができますが、人によっては効果が感じられないことがあるでしょう。体質のほか、顔や体の状態、症状の程度などによって効果のあらわれ方が左右されると考えておいてください。

<費用が高い傾向がある>
美容鍼の料金設定には規定がありません。治療院が自由に料金を設定できるので、場所によって料金にばらつきがみられます。目安でしかありませんが、東京都内では1回の治療につき8000円ほどが相場と考えておくとよいでしょう。一般的な鍼灸よりも1.5倍ほど高いところが多いようです。

<内出血を起こす可能性がある>

皮膚構造
わたしたちの皮膚は表面から順に「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層に分かれており、美容鍼で鍼を刺すのは真皮層までの約2mmほどまでです。ところが、顔にはたくさんの毛細血管が張り巡らされていますから、ちょっとした刺激によって内出血が生じる可能性があります。どんなに腕のすぐれた鍼灸師でも内出血を確実に避けることは難しいのです。
ただし、内出血しても、たいていは数日から10日ほどで消えていきます。長くかかっても1か月ほどで消えていくケースがほとんどです。

良い美容鍼が受けられる施設の見分け方

美容鍼の効果を得るためには、どういった施設で治療を受けるのかも重要なポイントとなります。美容鍼を受けられる施設は数多く存在しますが、施術に対する考え方や方法はそれぞれ異なるからです。鍼灸院や病院だけでなく、整骨院やマッサージ院などでも美容鍼を受けられるので、自分にふさわしい施設と出会えるように見分け方のコツを知っておきましょう。

<経験が豊富である>
美容鍼の効果をより得たいのであれば、経験を積んだ鍼灸師を選びましょう。効果のあらわれ方は、鍼を打つ場所がコンマ何ミリずれただけで変わってきます。この感覚をつかむためには、経験を積むしかないのです。
経験が長ければ腕がいい鍼灸師であるというほど単純な問題ではありませんが、開業したばかりのところよりも何十年も営業を続けているところのほうが熟練した技術をもっている可能性が高いでしょう。もちろん、国家資格を保有していることが前提です。

<評判をチェックする>

口コミ
満足できる治療をしてくれるところは、自然と評判が良くなるものです。実際にそこで治療を受けた人の声を聞いてみましょう。施設の口コミや施設HPに掲載されている「お客様の声」をよく読んでから選ぶことをおすすめします。
ただし、治療効果とスタッフに対する評判は別物ですから注意してください。具体的にどのような悩みが解消されたのかを確認するといいでしょう。

<広告イメージに縛られない>
広告に力を入れているところも少なくありません。美しいデザインやキャッチコピーなどに惹かれがちですが、イメージだけを頼りにすると失敗するかもしれません。大切なのは、広告イメージではなく治療内容です。
一概にはいえませんが、経営がうまくいっていないために広告にお金をかけて客集めを行っている可能性もあるかもしれないのです。イメージに惑わされずに、冷静に判断しましょう。

<美容鍼を得意としている>
鍼灸院などには、それぞれ得意分野があります。肩こりや腰痛、更年期障害など鍼治療で対応できる症状は幅広いので、どのような治療を主に行っているのかをチェックしてください。美容鍼を受けるのであれば、もちろん美容鍼をメインに行っているところを選びます。1ポイント目の「経験が豊富である」にも通じることですが、美容鍼の経験値が高いお店を選びましょう。逆に「流行に乗ってメニューに入れている」という様子がうかがえるお店は要注意です。

<フィーリングを大切にする>
よりよい治療を受けるためには、相性のよさも大切です。自分の悩みを正直に打ち明けることができて、リラックスした状態で施術を受けられるかどうかも見極めましょう。実際にカウンセリングなどで面と向かって話してみるのが一番ですが、webサイトなどに掲載されている施術者のプロフィールを読んでみるのもおすすめです。施術者の趣味嗜好が自分と似ていれば、施術以外でお話が弾むかもしれませんね。

注意点として、鍼治療の場合は特に相性の問題も大きいので、どこの施設が良い・悪いのかの判断は人によって異なることもよくあります。

気持ちよく治療を続けられて期待するような効果が得られるように、施設をいくつか見比べてくださいね。なによりも、美容鍼も整体も人と人が触れ合うことです。快く、心地よく施術が受けられるように相性のよさそうな人を見抜けると、良い時間をすごすことができますよ。みなさんが美容鍼という施術を通して、良い時間を過ごせるよう願っています。

監修の先生からの一言

松永昭子先生

患者様の中には自身の身体についてよく観察され、治療後の身体の変化を子細につたえてくださり、こちらの治療にとても役立ちます。普段から健康の第一歩は配慮ある食生活からと、配慮ある身体への労わりで、ケアを大切にいしていただきたいと思います。最近はニキビで悩まれる若い人も多いのですが、顔だけでなく身体の中からの治療もオススメいたします。