意外なダイエットサポート!お茶の種類とその効果

2018年04月12日更新

「お腹が空いた」「食事制限がつらい」「脂っこい料理を食べ過ぎたので何とかしたい」このような経験はダイエット中では日常茶飯事ですよね。

ダイエットをしているときにそれをサポートしてくれるような、そして手に入りやすく飲みやすいお茶があったら嬉しいと思いませんか?

この記事ではつらくなりがちなダイエットをそっとサポートしてくれるようなお茶の効能を紹介しています。また、どんな人にお茶ダイエットがおすすめか、効果が期待できる飲むタイミングなどを合わせて解説します。

なぜダイエットにお茶が必要なのか?

なぜ世の中では「ダイエットにお茶が必要」と言われているのでしょうか。それはお茶が持つさまざまな効能にあります。ここではお茶がダイエットに与えるメリットを紹介したいと思います。

ダイエットに利用したいお茶の効能

今ついている脂肪の分解を助ける

プーアール茶などのお茶にはリパーゼという中性脂肪を分解させる酵素を増加する作用があります。また、ウーロン茶や黒ウーロン茶といったお茶に入っている重合ポリフェノールもまた、リパーゼの働きを助けるのです。

お腹やお尻や太ももなどは一度お肉がつくとなかなかダイエットで落ちないですよね。激しい運動もいきなりするのは筋肉や関節を痛めてしまいます。しかし、お茶をうまく取り入れれば、リパーゼにより中性脂肪が燃焼しやすい「遊離脂肪酸」に変わり、痩せやすい環境を作り出すことができるのです。

中性脂肪を「遊離脂肪酸」に変化させ、軽い運動を併用すれば、今お腹やお尻についている中性脂肪も減りやすくなるということです。

脂肪の吸収を抑える

プーアール茶などのお茶には脂肪の吸収を抑える効果があるとされています。

食事で私たちの体に入った脂肪は、そのまま吸収されるわけではなく、体の中で一旦分解されます。つまり、体の中で脂肪が分解されなければ吸収できないというわけです。

プーアール茶の中のカテキンと没食子酸、これら2つが脂肪を分解する胆汁と合わさり脂肪の吸収をブロックします。結果的に太りにくくするのです。

腸の環境を整える

お茶の中には腸の環境を整えて痩せやすく導くものもあります。

例えばルイボスティーはたくさんミネラルが含まれているため腸内に水分が集まり、結果的に便が排出されやすくなるのです。便秘などで腸の働きが乱れている人がダイエットとして利用したいお茶のひとつです。

また、プーアール茶やマテ茶に含まれるポリフェノールという成分、これは強い抗酸化作用からアンチエイジング成分として有名ですが、実は腸内細菌のうち有用菌を増加させ、腸内環境を良くするメリットもあります。

空腹感を抑える

空腹感を和らげる効果が期待されているお茶もあります。

マテ茶にはマテインと言った成分が入っていますが、これには中枢神経に作用して満腹感を高める働きがあるのです。食欲がどうしても抑えられなくてダイエットがいつまでも成功しない人にとっては嬉しい効能ではないでしょうか。

また、ハーブティーの中にも食欲抑制に効果があるものが。例えば、グレープフルーツやレモンバームは食欲を抑えコントロールしてくれます。ペパーミントには空腹のときに感じるイライラをコントロールする作用がありますよ。

 

(食習慣や運動習慣なども含め個人差はあると思いますが)こうしてお茶を身近な存在として利用しない手はないのではないでしょうか。

どんなタイプに”お茶”が必要?

はっきり言えば「お茶を飲めば誰でも痩せる」「お茶に頼れば大丈夫」というわけではありません。毎日ドカ喰いを繰り返しているのにお茶を飲めばそのカロリーがチャラになるかと言えば、それは難しいでしょう。

ただし、お茶をダイエットサポートとして利用することで痩せやすくなるケースはあると思います。では、一体どんな太り方をしている人が「お茶ダイエット」に向いているのでしょうか。

甘い飲み物がやめられない人

甘い飲み物をお茶に変えることでダイエット効果が期待できます。

女性で多いのが甘い飲み物が好きな方ではないでしょうか。コンビニに寄るたびに、甘いココアやカフェオレ、野菜ジュースなどを買ってしまう人は要注意!

実は飲み物のカロリーが思ったよりも高く、脂肪に変わっている可能性があるからです。紙パックやペットボトルの裏面を見てもらうと分かりますが、糖分を制限していないココアやカフェオレであれば250~400キロカロリーくらいはあります。野菜ジュースは健康的ですが、果物などの糖分がたくさん入っているので100~300キロカロリーくらいはあるのです。1日に1本程度であればそこまで影響しませんが、「のどが乾いたら甘い飲み物を買う」という人は下手をすると飲み物だけで800~1000キロカロリーを越えてるかもしれません。

スイーツや食事をいくら制限しても飲み物選びを誤ってしまえば、いつまでたっても痩せない体になってしまいます。その点、お茶はカロリーが低いものが多いですよね。いったとしても数キロカロリー、ほとんどのものが0キロカロリーです。

飲み物をお茶に変えるだけで体重がグッと落ちることも珍しくありません。

お腹が空くとついつい間食に走ってしまう人

空腹感を我慢できず、どうしても間食に走ってしまう人はお腹が空くのを抑えるお茶がおすすめです。先ほども紹介した通り、お茶の中には「空腹感をコントロールする」または「空腹感を緩和させる」効能を持つものがあります。

一度お茶を飲むことで空腹感を和らげ、食欲を抑えてダイエット成功に導くのです。ダイエットのコツに「食欲のコントロール」があります。お茶を通して食欲をコントロールしてみてはいかがでしょうか。

食事節制や運動をしても効果が出なかった人

ダイエットにある程度の食事節制や運動は必要と言えます。テレビや雑誌で宣伝しているダイエットグッズや食品などの注意書きにも小さな文字で「※正しい食事節制や運動を併用しています」と書かれているものが多いです。

今まである程度の食事節制や運動をしても効果が出なかった人は、これからお茶のダイエット効果をうまく活かし併用していけばダイエットに繋がりやすいでしょう。

街中で手に入る意外なダイエットサポート茶一覧

ダイエットは毎日の習慣が大切!
この章では毎日手軽に摂取するため、手に入りやすいお茶を紹介します。

烏龍茶(ウーロン茶)・黒烏龍茶(黒ウーロン茶)

手に入りやすいお茶のひとつがウーロン茶や黒ウーロン茶。

上の章で説明しましたが、ウーロン茶や黒ウーロン茶には重合ポロフェノールという成分が入っていてリパーゼの働きを助けます。リパーゼによって脂肪が「遊離脂肪酸」に変わることで燃焼されやすくなるのです。

また、黒ウーロン茶を食事と一緒に摂ることで食べた後の血中の中性脂肪が上がるのを20パーセント抑制してくれるとも言われています。

食事のときに摂取することをおすすめします。

ただし、ウーロン茶には緑茶と同じくらいのカフェインが入っています。カフェインは眠気や疲労感を抑える効果があるものの、飲み過ぎると不眠などの症状にも繋がりますので1日5杯程度にし、夜飲まないようにしましょう。

ジャスミン茶

ジャスミン茶に含まれるタンニンにはポリフェノールが入っていて、摂取した脂肪の吸収を抑える効果がありますので食事と一緒に摂りましょう。また同時に、体の中の体脂肪を燃やす働きもあるので、飲んだ後30分後からの運動がおすすめ。脂肪の燃焼作用が高まりますので歩いて移動する前や運動する前に飲んでおきましょう。

また、タンニンは鉄の吸収を妨げる可能性があるため貧血の方は注意してください。

プーアル茶

上の章で紹介した通り、プーアール茶も脂肪分解効果、脂肪の吸収を抑える効果が期待されていますので食事と一緒に摂るように心がけましょう。中華やファーストフードなど脂っこい食事のときにおすすすめできます。

また、プーアル茶はおなじみの緑茶を発酵させて作られるお茶なので、いわば発酵食品です。そのため腸内環境を整えてくれる効果も期待でき、便秘の人やお腹の調子が悪い人にピッタリですよ!

さらに嬉しいのは、女性の体の敵である「冷え」を予防する作用もあります。温性の飲み物ですので、体が冷えるのが気になる方は、冬はもちろん夏でも冷房で冷えないようにホットで飲むようにしてくださいね。

まとめ

人によってお茶はダイエットを助けてくれる強い味方になります!

空腹感を和らげたいときや、脂っこい食事を摂りたいときなど困ったときに飲むことで太りづらくしてくれるでしょう。

もちろんお茶だけに頼らず、食事の管理や運動をしてくださいね。それらと組み合わせながら摂取すれば脂肪の燃焼しやすい体を手に入れることができますよ。これまでいろいろなダイエットをしてダメだった人もぜひお試しください。

監修の先生からの一言

藍采和監修イメージ

これ以外にもいろいろな種類のお茶がありますが、お茶を選ぶ際には品質の信頼できるもの、そして自分の体質改善に合ったものを選んでくださいね。

最近は自然食品を扱うオンラインショップも増えていますので、そういったところで購入して常備しておくと安心して飲み続けられると思います。